向井真理子

向井真理子さんは日本初のカラーアニメが放送された1965年から活躍されている超大御所声優の1人です。代表作は何といっても伝説のハリウッド女優マリリン・モンローでしょう。

専任の持ち役としてほとんどの作品でマリリン・モンローの吹き替えを担当し、その色っぽい声と演技に多くの人々が魅了されました。

担当になった当時の時点で既にマリリン・モンロー本人は亡くなっていたのですが、向井さんが演じることによってその類まれなる魅力が蘇り現在に至るまで多くの人の心に残ることが出来たのではないでしょうか。

その他には現在も「ベティさん」の愛称で親しまれている海外アニメの人気キャラクターベティ・ブープや、ポパイの実写版でヒロインのオリーブ役を担当するなど主に洋画吹き替えでご活躍。

もちろんアニメでも誰もが知っている役を演じられ、日本初の少女向けアニメである魔法使いサリーではサリーの親友のひとりである春日野すみれとサリーのママを兼任。Dr.スランプ アラレちゃんでは山吹(則巻)みどりを、人気ゲームスーパーマリオシリーズではピーチ姫を担当。

そしてドラゴンボールシリーズのブルマの母やあさりちゃんの浜野さんごなど、お母さん役を多く演じられました。特に山吹みどりはマリリン・モンローをモデルにしたというキャラですので声の担当は向井さん以外あり得なかったでしょうし、浜野さんごはそれまでの役とは違って厳しい性格の役だったので初めて聞いたときにビックリした人が多かったそうです。

そんな声優史に残るような大役を長年に渡って演じられた功績が認められ、2007年に第1回目の声優アワードで功労賞を受賞。78歳となった現在でも現役で活躍する傍ら後進の育成にも力を入れており、都心のだけでなく新幹線に乗って地方の養成所や専門学校へ出かけられることも多々あります。

その教育熱心な心と優しく穏やかな眼差しで、成長し続ける若い声優の卵達や声優界をいつまでも温かく見守っていってくださることでしょう。

マリリン・モンローの吹き替え声優として多くの人々を魅了してきた向井真理子さんですが、最初から色っぽい演技が出来ていたわけではありません。

現にマリリン・モンローを演じる前は当時のマネージャーから「1番色気がない女優」と言われていたとか。そこでマネージャーが「とにかく色気がないってことは将来性がない。将来主役をやるには色気が大事だ。」ということで取ってきたお仕事が、“億万長者と結婚する方法”という海外のテレビドラマの主役の吹き替えです。

こちらの作品で担当することになったのはバーバラ・イーデンという女優ですが、この作品のオリジナルで映画作品である“百万長者と結婚する方法”ではマリリン・モンローが同じ役を演じていました。

テレビ局側は向井さんを紹介された際に「あの子は色気がないから、主役なんてとんでもない!」と断っていたそうですが、マネージャーがゴマをすったりと色々やって半ば強引に取ってきたそうです。

そんな背景もあったので「この役を失敗したら僕はもう面倒見ないし、業界も辞めた方がいいよ。」と言われてしまいました。そうは言っても色気なんて考えてわかるものでもないし、先輩に聞いてもなかなか的確なアドバイスをもらえません。

私も専門学校時代に同じことで悩みましたが、講師の先生に聞いても「大人になったらわかるよ。」で終わってしまったんですよね・・・。まあ、恐らく色気というのは考えて出るものではないものなのでしょうから誰も何とも言えないのかもしれません。

それでも向井さんの場合は収録日がだんだん近づいて来るし将来のためにもどうにかするしかありませんでしたが、毎日悩んで悩んで試行錯誤していたある日隣の家からお母さんに甘える赤ちゃんの声が聞こえてきました。

その声を聞いて「ああいう感じかな・・・。」とインスピレーションを受け、怒られるのを覚悟しながら収録に挑んだら「なんか色っぽいじゃん!」と大絶賛。それから最終回まで無事に役を全う出来ましたし、後に“百万長者と結婚する方法”の方でもマリリン・モンローの吹き替えを担当することになりました。

それから何年も経って専門学校の講師として教壇に立たれた際に「“諦めない”、その先に奇跡がある。」と語っていらしたのですが、このときの経験から得たことなのかもしれませんね。

またマリリン・モンローはしゃべっていないときでも口を半開きにしていることが多いのでタイミングを合わせるのが一苦労だし、声も少年のように低かったため彼女らしさを出すのが難しかったそうです。

そもそもマリリン・モンロー自体がインタビュー内容や公開されている私生活全てに台本があったという非常に謎に包まれた人物でしたしね。

その上初めて吹き替えを担当された作品はスカートのシーンが有名な「七年目の浮気」や「お熱いのがお好き」のようなマリリン・モンローらしさが出た軽快な作品ではなく、「荒馬と女」というシリアスな作品だったので尚更イメージするのが大変でした。

その際にもとても悩まれたそうですが演出さんの「向井真理子として演じていい。」という一言で吹っ切れて、最後までやりきれたそうですよ。

それからずっと専任としてマリリン・モンローの吹き替えを担当することになるのですが、今度はイメージ作りの一環で「マリリン・モンロー以外はダメ」というお達しが来てしまいました。

「マリリン・モンロー=向井真理子」というイメージが強くなりすぎてしまった故ですね。それにより他の俳優に声をあてることが出来なくなってしまったので「どうして私にはマリリン・モンローだけなの?」と思われた時期にあったとか。

とはいえそれほどの持ち役が出来るのは役者冥利に尽きることだし、50年近くも続けられているのだからとても素晴らしいことだと思います。